HOME(タントリックス) > Trax > Traxのルール






トラックスの基本ルール

ゲームの目的は、自分の色の線でループ(輪)、または「ビクトリーライン」と呼ばれるラインを先に作った人の勝ちです。ループとビクトリーラインの作り方はこの後に説明されています。
注) ビクトリーラインは英語のルール説明ではWinning Lineと表現されています

ゲームの始め方

各プレーヤーは白か赤を選びます。白プレーヤーからゲームを始めます。タイル1枚を場に置きます。この際、タイルのどちらの面が上でも構いません。次に赤プレーヤーの番です。以下のルールに従ってタイルを置きます。

(1) タイルを置くときは場にすでに置かれたタイルにつなげること
(2) 接しているタイルの線の色がつながっていること(赤色と赤色、白色と白色)
(3) 自分の色の線を伸ばしてもいいし、相手の色の線につなげてもいい(または両方を同時に行ってもいい)

以上のルールに従ってタイル1枚を置きます。そして、連鎖ルール(次の項目で説明)が適応されるかを確認し、次の人の番に移ります。
どちらかの色がループ、またはビクトリーライン(後の説明を参照)を完成した時点でゲームは終了です。ループまたはビクトリーラインは自分の手番に完成してもいいし、相手がタイルを置くことによって自分の色が勝つこともあります。稀に、両方の色のループまたはビクトリーラインが同時に完成する場合がありますが、この場合はその最後のタイルを置いた人が勝ちとなります。

連鎖ルール

プレーヤーが置いたタイルによって2本の同じ色の線が集まったスペースができた場合は、プレーヤーはそのタイルを埋めなければなりません。

下図のように、3辺に囲まれたスペースができた場合でも、連鎖ルールが適用されます(下図だと2本の白い線が集まっているため)。

連鎖ルールに従ってタイルを置いた際、さらに連鎖ルールが適用され、タイルを何枚も連続して置く場合があります。

つまり、場に置かれたタイルにできる角の スペースは、常に赤と白の別々の線が集まっていることになります。ただし、連鎖ルールによって置かれたタイルによって、同じ色の線が3本集まったスペースができる場合は、その打ち手は無効となり、もう一度タイルを置き直さなければなりません。

注) 連鎖ルールは英語のルール説明ではForced Spaceと表現されています

ループ(輪)とは

ループ(輪)とは両方の端がつながった線のことです。両端がつながって閉じられた輪になっていれば、どんな形でもかまいません。以下はループの例です。

 

ビクトリーラインとは

ビクトリーラインとは、場に置かれたタイルを縦断、または横断し、以下の条件を全て満たしているラインです。
(1) 長さが8列以上ある
(2) ラインが場に置かれたタイルの一方の端から反対側の端まで   つながっている
(3) ラインの端は、場に置かれたタイルの中で一番端である

上図は白のビクトリーラインの例です。通常、相手のビクトリーラインを阻止するには1手以上必要となります。相手が5-6列以上縦断または横断しているラインを作り始めたら、防御策を考えましょう。




 
Copyright©2009Tantrix Japan All rights reserved.